ロサンゼルス生活

【2019年】 ロサンゼルスでアパートを探そう!押さえておきたいチェックポイント8点

投稿日:2019-06-11 更新日:

こんにちは。ワラゴンです。

私はアメリカに来てかれこれ10年くらい経ちますが、これまで4件のアパートを渡り歩いてます。

そんな私が、アメリカ、特にロサンゼルスでのアパート探しにおいていつも気にしている点をまとめてみました。

 

この記事の対象となる人

アパートを借りるには、多くの場合クレジットヒストリーの審査があります。

アメリカのクレジットヒストリーの審査では、日本のクレジットカードは使えないため、この記事の対象となる人は既にアメリカでクレジットカードを持っている人という前提になります。

多くの学生さんには難しいかもしれません、、、

 

場所:治安は大丈夫?生活する上で不便はないか?

アパートを探す際、やはり最初のチェックポイントとなるのはロケーションです。

日本でも駅に近いかどうか、というのが大きなチェックポイントになるのと一緒ですね。

もう少し具体的に見ていきましょう。

治安

アメリカはどの地域でもそうですが、治安によって家賃の相場が大きく変わります。

色んな所でお話してきましたが、要は安全と教育をお金で買ってるようなものです。

治安の悪い地域は極端に家賃が安いので、あらかじめ治安の悪い地域を下調べしておき、そこを除外しておくのが良いでしょう。

一方で、治安の良い地域は家賃がびっくりするくらい高くなるので、家賃と治安のトレードオフになりそうです。

 

フリーウェイに近いか?渋滞には耐えられそうか?

ロサンゼルスでは車無しの生活は正直考えにくいと思います。

そうすると、フリーウェイに近いほうが圧倒的に便利です(得てしてフリーウェイから離れた場所の方が治安が良いというジレンマはありますが)。

それに加えて、通学・通勤時間帯の渋滞状況を把握しておくといいでしょう。

ロサンゼルスだと、405, 110, 10, 91は場所と時間によっては大変な目に遭うと思います。

 

食料品店、日系マーケットがあるかどうか

ロサンゼルスに住むなら、日系スーパーマーケットが近くにあるかどうかは割と重要なチェックポイントです。

実は、私個人的には、日系マーケットよりも韓国系や中国系が近くにある事をポイントにしています。

日系マーケットは当たり前ですがちょっと懐に優しくないので、、、

せっかくアメリカにいるんだから日本食なんかいらないよ!

という活きのいいナイスガイなら、現地のマーケットであるRalphsやWalmart、Targetなんかが近くにあったら便利ですね。

 

部屋数と家賃は予算内か?

部屋数と家賃の希望価格帯もあらかじめ準備しておくといいでしょう。

トーランス周辺なら、1ベッドルームで$1,400以上、2ベッドルームで$1,700以上は必要になると思います(もちろん、地域によって差はあります)。

また、光熱費が家賃に含まれるかどうかでも変わってくるので、家賃の額面だけで判断せず、内容をよく確認するようにしましょう。

トーランス周辺都市のアパートの家賃相場については、【2018年】ロサンゼルス トーランスとその周辺での家賃相場を見てみるを参考にしてみてください。

 

駐車場は確保されているか?追加費用で確保できるか?

駐車場があるかどうかもかなり重要です。

ロサンゼルスは完全な車社会なので、一人一人が車を所有しています。

車の所有人口が増え続ける一方なので、駐車場の確保は死活問題です。

通常、1ベッドルームなら駐車場が1台分セットでついてきます(Assigned parkingと呼ぶ)。

しかし、2ベッドルームなら2台分ついてくるかと言えば、そういうわけでもありません。

追加を払えば貸してくれるところもあれば、敷地内にある早い者勝ちのパーキングスペースに停めていいよ、という場合もあります。

もっとも避けたいのは、路上に停める(ストリートパーキング)です。

ストリートパーキングは熾烈な争奪戦 + 週一のクリーニングでレッカーの恐れ

ストリートパーキングの場合は熾烈な争奪戦となる事必至です。

昼間の時間で、みんなが外出している時に部屋を見に行き、

あ、これならストリートパーキングいっぱいあるから大丈夫か~

なんて判断をしたら後悔することになります。

普通に考えれば、夜の方が競争率が高くなるのは明白ですね。

特に夜などで、アパートから1ブロック離れたところしか空いてない、なんて事になったらかなり面倒です。

ただでさえ夜道は歩きたくないのに、翌朝また同じ距離を歩かないといけないなんてゲンナリです。

買い物に行った帰りでさえ、駐車場が少しでも遠いと持ち運びがとても大変ですし。

気に入った物件がストリートパーキングの物件である場合、面倒でも夕方あたりの状況を確認する事をお勧めします。

もう一つ、ストリートパーキングの難点は、週一回、Street Cleaningがあるという事です(ないところもあります)。

Street Cleaningとは、清掃車?みたいな車が道路を掃除するという行政サービスです(多分)。

週一回、何曜日の何時から、というのが決まっており、この時間に車を停めておくと、速攻で駐車違反の切符を切られます

ストリートクリーニングの時間は決まっていて、必ず標識が設置されているので、入念にチェックするようにしましょう。

私の場合は、もうストリートパーキングはコリゴリなので、無理してでも駐車場が確保できる物件を探すと思います。

 

Laundryルームがあるか?コイン式か?

アメリカのアパートは、洗濯機は共同の場合がほとんどです。

たまーに 洗濯機・乾燥機用の水回り設備やガス設備が各部屋に整っているアパートもありますので、こだわりたい人は探してみる価値はあります。

しかしやはり一般的には共同のlaundryルームである場合がほとんどです。

感覚的にはおおむね 7 - 8世帯に対して1セット(1洗濯機、1乾燥機)くらいが相場なのではないでしょうか。

ごく稀に、Laundryルームがないアパートもあるので、念のためチェックするようにしましょう。

 

あとは、コイン式かプリペイドカード式かというのもちょっとしたポイントです。

大した差ではありませんが、コイン式の場合は、いざ洗濯しようとしたときにコインがない!ってこともありがちなので、やっぱりプリペイドの方が楽ですね。

 

光熱費は負担してもらえるか?

次に、光熱費が家賃に含まれるかどうかも確認しましょう。

これは本当にアパートによってさまざまで、全く払ってくれないところもあれば、水道、下水、ごみ処理、ガスまで全部負担してくれるところもあります。

ただ、多くの場合、電気は自腹です。

また、感覚的には水道、下水は負担してくれるところが割と多いイメージです。

ガスコンロではなく電気コンロの場合は、電気代が少し高めになるので、物件を見に行った時に電気代の相場を聞いてみるのもいいでしょう。

 

冷蔵庫と電子レンジは部屋についてるか?

物件によっては、冷蔵庫と電子レンジが部屋に備わっているものがあります

多くの場合、部屋を見に行った時にそれがあれば、備え付けであることが分かります。

逆に、冷蔵庫が見当たらあない場合は、貸してくれるかどうか確認するようにしましょう。

もしくは自分で買うという手もありますが、次の引っ越しが間違いなく大変になるので、あまりお勧めはできません。

暖房・冷房はあるか?

トーランスなど、サウスベイ周辺では基本的に冷房無しの物件がほとんどです。

最近はサウスベイも夏の暑さが厳しいので、冷房付きの物件がもしあればかなりポイント高いと思います。

逆に、冷房はないものと諦め、自分でポータブルの冷房を購入しておくほうが賢いです。

 

契約期間とキャンセル料金はどうか?

最後に、忘れがちなのが契約期間とキャンセル料です。

契約期間がMonthlyの場合は、次の引っ越しの計画が立てやすいので、かなりポイントが高いです。

次に良いのが、最初の1年は契約だけど、その後は1か月ごとのMonthly支払いになる、というパターン。

これは、すごく合理的な商法だと思います。

 

一番つらいのが、毎年1年契約を結ばされるパターンです。

最初の1年が終わると、次の契約をMonthlyにするか、1年契約するかを選ばされます。

しかし、Monthlyの料金があり得ないくらい高いため、結局1年契約するしかない、という鬼畜パターンです。

 

しかも、このパターンは契約前には分かりにくいというジレンマもあります。

アパート側としても、1年後の家賃は1か月なら○○だよ、1年契約なら○○だよ、といった確定的な情報は出せないためです(多くの場合、その時の住宅価格相場に左右されるため)。

なので、できれば1年後はMonthly契約にしてもらえるところを選ぶのが賢明です。

それが難しい場合は、契約を途中で解約した時のキャンセル料を押さえておくようにしましょう。

 

事前にチェックポイントを頭の中に叩き込んでおきましょう

さて、こうしてみてみると、アパート探しにおいてキーとなるポイントがたくさんある事が分かりました。

インターネットで物件を探していると、どうしてもはっきりしない部分が出てくるので、物件を見に行った時に必ず確認する必要があります。

ところが、いざ物件を見に行って、管理人と話をするとチェックポイントをすっかり忘れてしまい、後になって「あー!あれ聞くの忘れてた!」となりがちです。

この記事で上げたチェックポイントをまとめておきますので、さっそく携帯にメモするか、写真を撮っておきましょう。

  • 場所:治安は大丈夫?生活する上で不便はないか?
  • 部屋数と家賃は予算内か?
  • 駐車場は確保されているか?追加費用で確保できるか?
  • Laundryルームがあるか?コイン式か?
  • 光熱費は負担してもらえるか?
  • 冷蔵庫と電子レンジは部屋についてるか?
  • 暖房・冷房はあるか?
  • 契約期間とキャンセル料金はどうか?

おすすめ記事

1

こんにちは。ワラゴンです。 今日は、アメリカで見つけた、日本ではあまり知られていないけど超絶おいしいお菓子を紹介したいと思います。 その名も Loacker Quadratini。 なんて読むのかは分 ...

2

こんにちは。ワラゴンです。 アメリカに在住することのひとつのデメリットは、「日本への一時帰国が簡単ではない」という点です。 特に、子供が小さいうちはなるべく親に孫を見せてあげたいと思うのが心情なのでは ...

3

こんにちは。ワラゴンです。 みなさん、Netflix(ネットフリックス)って知っていますか? アメリカ発の動画配信サービスなんですが、これが英語の勉強をするのにとても便利なのです。 英語学習では、映画 ...

4

0. はじめに こんばんわ。ワラゴンです。 さて、今日は久しぶりにアメリカ生活について、 特にロサンゼルスの賃貸事情について少しお話したいと思います。 これからロサンゼルス周辺に駐在でいらっしゃる皆様 ...

5

どうもワラゴンです。 今日は、タイトルにもあるように、一歩進んだバックアップのプラグイン、 UpdraftPlusを紹介したいと思います 1. はじめに みなさん、Wordpressのバックアップを取 ...

6

0. はじめに こんにちは。ワラゴンです。 調べ物をしている最中、すごいサイトを発見したので紹介したいと思います。 そのサイトというのは、以下になります。 副業クエスト100 もう、何というか、アフィ ...

7

前回、アメリカ生活のここがイヤ!移住して後悔したこと 前編 3つという記事を書きました。 今回はその続きになります。 シリーズを最初から読みたい方は以下の目次ページが便利です エンジニアのアメリカ進出 ...

-ロサンゼルス生活

Copyright© 40歳から始める資産ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.