アメリカのお金の話 ロサンゼルス生活

カリフォルニアに移住しても絶対にやってはいけないこと

投稿日:2019-06-01 更新日:

0. はじめに

こんにちは。ワラゴンです。
今日は、私がカリフォルニアに移住してきて、「失敗した~」と思う事について書いてみたいと思います。

ちょっとつりっぽいタイトルになってしまいましたが、これからカリフォルニアに移住しようと思っている人には、ぜひ知っておいてもらいたいテーマです。

 

それはズバリ

 

 

犬を飼うこと

 

 

です。

 

そんなひどい

 

なんて言葉が聞こえてきそうですが、実際のところ、これがなかなか我が家の大きな負担になっています

 

前回の記事カリフォルニアで子犬を買った時の話で、我が家にワンコを迎えたときのお話をしました。

犬との生活はとっても楽しいのですが、楽しい事ばかりではありません。

 

これから犬を飼おうと考えている人に、もう一度考え直してもらうためにこの記事を書こうと思いました。

 

1. 理由その1:家賃が高くなる

犬を飼うためにかかる費用は、食費だけではありません

私は、ワンコの購入を決める際、これを見誤っていました。

 

日本でも当たり前だと思うのですが、ペットOKの物件はやはり割高になります。

ロサンゼルス周辺だとおよそ200ドルから300ドルくらいは割高になっていると思います。

さらに、物件によってはさらに月額でPet Feeを取られる場合があります(多くの場合50ドルくらい)。

 

つまり、見方を変えるとこの割り増し料金というのは、犬を飼うための必要経費と考えることができるのです。

 

月200ドルというと、結構な額ですよね。

 

アドセンスで月200ドル稼ごうと思ったら、大変な努力が必要だと思います。

ワンコにかかる費用として直接目に見えるものではありませんが、実は見えない費用がかかっているのです

 

2. 理由その2:ノミ予防薬、ペット保険などの費用もかさむ

まず、ノミ・シラミの予防薬が高い。

 

これも犬を飼う前は知りませんでした。

うちはTrifexisという錠剤タイプのものを飲ませているのですが、6か月分で約100ドルです。

1か月に1回飲ませる錠剤なので、一粒17ドルくらいの計算です。

 

この一粒が17ドルか~

 

などと思いながら毎月飲ませています。

これがボディブローのように地味に家計を圧迫していきます。

 

次に、ペット保険が月に約40ドル

保険に加入してから、まだ一度もお世話になっていないのですが、高齢になってからは加入が難しいので、これもやむを得ず支払いを続けています。

将来、犬が高齢になっても家計の事情で治療を断念しなければならない、という事態はやっぱり避けたいですからね。

そしてこれも、年を追うごとに保険料が増加していきます

 

月の食費が50ドルくらいだと考えると、犬にかけている費用は毎月300ドルくらいと考えることができます。

月に300ドルあれば、プリウスのリースだって保険込みでできちゃいそうです。

 

うーん。

 

高い。

 

犬かプリウスか、、、

 

犬を飼うというのは、そのくらいの対価を覚悟しなければならない、ということです。

 

3. 理由その3:外出が大変

そして、犬を飼う場合の覚悟として、もう一つ忘れてはならないのは、旅行の自由度が著しく低下するという点です。

2拍や3拍くらいの短い旅行だとしても、犬を連れていくとなるとホテルも制限があるし、行ける場所にも制約があるで、プランを立てるのがなかなか大変です。

 

先日、San Diego Zooに行った時などは、朝一番でワンコをPetsmart(というペットショップ)に預け、動物園を出たらお店の閉店直前にピックアップしてからホテル(もちろん犬OKの)に向かうという慌ただしいプランとなりました。

 

そして、長期旅行する場合も大変です。

日本に帰国する時等は、毎回ワンコをどうするか結構な悩みの種となります。

通常、Petsmartなどのペットショップの場合、一泊約40ドルくらいが相場となっています。

仮に14日間預けるとなると、単純に560ドルになってしまいます。

ただでさえ飛行機代を出すのに精一杯なのに、さらに追加で560ドルは痛いですね。

 

前回の帰国では、ネットでペットを預かってくれる個人のサービスを探し、どうにかこうにか2週間400ドルで預かってくれる人を見つけました。

まあ、それにしても400ドルです。

この400ドルがあったらあんなことや、こんなことができたな~と思うと、少しもったいない感じもします。

 

誰かワンコの面倒を見てくれる人がいれば話は別ですが、我々のような移民の場合はなかなかそうもいきません。

 

3. まとめ

いかがでしたでしょうか?

これから渡米を考えている人、間違っても衝動でワンコを飼わないように要注意です。

私はほとんど衝動で飼ってしまったのですが、当時はこんなに不自由があるとは予想もしていませんでした。

 

また、月々の出費についても予想外でした。

現在、我が家は娘が小学校に上がろうとしているのに、良い学校のエリアに引っ越すことができず(家賃が高すぎて)、完全に行き詰まっています。

 

もしもワンコがいなかったら、、、

 

なんて邪な考えが脳裏をよぎることもしばしばありますが、これが現実です。

娘の大切な友達でもありますし、あまり手のかからないいい子なんです。

手放すという選択肢は考えていません。

今のところ、現実を受け入れて対処するしかありませんが、これからワンコを飼う可能性があるみなさん、私のようにならないように、メリットデメリットを良く検討するようにしましょう。

おすすめ記事

1

こんにちは。ワラゴンです。 今日は、アメリカで見つけた、日本ではあまり知られていないけど超絶おいしいお菓子を紹介したいと思います。 その名も Loacker Quadratini。 なんて読むのかは分 ...

2

こんにちは。ワラゴンです。 アメリカに在住することのひとつのデメリットは、「日本への一時帰国が簡単ではない」という点です。 特に、子供が小さいうちはなるべく親に孫を見せてあげたいと思うのが心情なのでは ...

3

こんにちは。ワラゴンです。 みなさん、Netflix(ネットフリックス)って知っていますか? アメリカ発の動画配信サービスなんですが、これが英語の勉強をするのにとても便利なのです。 英語学習では、映画 ...

4

0. はじめに こんばんわ。ワラゴンです。 さて、今日は久しぶりにアメリカ生活について、 特にロサンゼルスの賃貸事情について少しお話したいと思います。 これからロサンゼルス周辺に駐在でいらっしゃる皆様 ...

5

どうもワラゴンです。 今日は、タイトルにもあるように、一歩進んだバックアップのプラグイン、 UpdraftPlusを紹介したいと思います 1. はじめに みなさん、Wordpressのバックアップを取 ...

6

0. はじめに こんにちは。ワラゴンです。 調べ物をしている最中、すごいサイトを発見したので紹介したいと思います。 そのサイトというのは、以下になります。 副業クエスト100 もう、何というか、アフィ ...

7

前回、アメリカ生活のここがイヤ!移住して後悔したこと 前編 3つという記事を書きました。 今回はその続きになります。 シリーズを最初から読みたい方は以下の目次ページが便利です エンジニアのアメリカ進出 ...

-アメリカのお金の話, ロサンゼルス生活

Copyright© 40歳から始める資産ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.